LINEアイコン 友だち募集中
ⓘ記事内に広告を含む場合があります。

バーデンバーデンカップ:キタノエクスプレスが勝利

キタノエクスプレスが見事なタイムで優勝


福島競馬場で行われたバーデンバーデンカップは、晴天の下で熱戦が繰り広げられました。芝1200メートルの短距離戦として、多くの競馬ファンが注目する一戦でした。

レースの展開と結果
スタート直後から先頭を争う展開となり、14番のウォータールグランが主導権を握る形で進みました。レース中盤では、2番のブッシュガーデンや3番のキタノエクスプレスが中団から前方に進出し、ペースを引っ張る展開となりました。3コーナーを過ぎると、7番のプロスペリダードや8番のピンクマクフィーが追い上げを見せましたが、最後の直線で力を発揮したのは3番のキタノエクスプレスでした。

キタノエクスプレスは、前走の好調を維持したまま、1:07.0のタイムで見事に優勝を飾りました。騎手の国分優作は、内枠からリズム良く競馬を進め、最後の直線で一気に加速し、2着のエコロレジーナに3/4馬身の差をつけてゴールインしました。

着順と見どころ
1着: キタノエクスプレス(牡6、国分優作騎手)
タイム: 1:07.0
推定上り: 34.0秒
調教師: 坂口智康
馬体重: 508kg(-14)
2着: エコロレジーナ(牝4、菊沢一樹騎手)
着差: 3/4馬身
タイム: 1:07.1
推定上り: 33.5秒
調教師: 菊沢隆徳
馬体重: 484kg(-4)
3着: ピンクマクフィー(牝5、三浦皇成騎手)
着差: アタマ差
タイム: 1:07.1
推定上り: 34.0秒
調教師: 四位洋文
馬体重: 432kg(±0)
レース終盤におけるキタノエクスプレスの圧倒的なスピードとエコロレジーナの驚異的な追い上げが見どころとなり、観客を大いに沸かせました。

払戻金
単勝: 3番 390円(2番人気)
3連単: 3-12-8 126,820円(382番人気)

結論
キタノエクスプレスが見事な勝利を収めた今回のバーデンバーデンカップは見応えのある一戦となり、今後も同馬のさらなる活躍が期待されます。