ケータイ電話が進んできた歴史とこれから!

ケータイ電話が進んできた歴史とこれから!

スマートデバイスとOSの世界

スマートデバイスとOSの世界

OSとは?

OSはオペレーティング・システム (Operating System) の頭文字を使った略称で、様々なデバイスのベースになるソフトウェアのことです。例えば、皆さんがスマートフォンでアプリを利用する時に、アプリストアから気に入ったアプリをダウンロードするかと思うのですが、そのダウンロード、インストールといった処理だったり、画面をタップしたら決定、フリックしたら移動のような操作方法だったりといった根本となるような仕組みを司っているのがこの「オペレーティング・システム」なのです。日本では過去に「基本ソフトウェア」といった呼び方がされていましたが、まさに全てのアプリケーション(応用ソフトウェア)の基本となるソフトウェアのことであるということが出来ます。

特に最近ではUIについてすごく拘って作られており、無償でこれだけの機能の物がバシバシと開発されて育様に若干恐ろしさすら感じます。特に現在ではUIだけでなく、モバイル通信や省電力などの小型端末が多いですので、パソコン用のOSで土か荒れたノウハウなどを活かす形で開発が進められていっています。

OSの基礎

OSはハードウェアの制御だけでなく、外観や操作性を含めたアプリの基本機能を提供します。OSの処理性能が高ければアプリも高速に動作し、描画機能が充実していれば高度な画像処理を伴うアプリを開発できます。OSを開発する企業には"アプリを組み立てるための部品"を供給する役割があり、その部品には性能と先進性が求められているのです。もっとも、スマートフォン用OSは端末とセットの状態で出荷され、OS単体では選定の対象にならないため、端末(ハードウェア)と一体で語られることが多いことも事実です。

先進性があるだけでは、スマートフォン用OSとして不十分です。堅牢性(セキュリティの高さ)、クラウド対応などネットワーク連携サービスの充実、アプリストアやおサイフケータイなどの決済機能、アプリ開発のしやすさも、OSの完成度/熟成度を測るめやすとなります。

スマートフォンに採用されているOSといえば、Android端末の「Android OS」とiPhoneの「iOS」が圧倒的なシェアを誇ります。日本国内でのシェアはわずかですが、ブラックベリー端末の「BlackBerry OS」、Windows Phoneの「Windows Phone OS」などもあります。 またWEBブラウザ/HTML5の技術を生かした「Firefox OS」、同様にWEBとの親和性が高い「Tizen」を採用した端末も、今後国内向けに販売開始されるかもしれません。

スマホ派vsガラケー派

Symbian OS
Symbian OS(シンビアンオーエス)はシンビアンによる携帯機器向けオペレーティングシステムであり、関連するライブラリ、ユーザインタフェースフレームワーク、一般的なツールの参照実装が含まれ未だに現役の一つとして動いている物もあります。2008年ているンビアンはノキアに買収され、2011年末までにノキアからアクセンチュアに移管された。2010年段階では、まだまだスマートフォンのオペレーティングシステム (OS) ではシェア1位であり、フィーチャー・フォンでも広く使われていた。その後Android及びiOSによってシェアは激減し、2012年のシェアは僅か3.3%となった。ノキアは2013年夏、最後のSymbian OSベースのスマートフォンを出荷し、今後はWindows Phoneに完全に移行することを発表している。
Linux
LinuxはUnix系オペレーティングシステムで、日本のガラケーだけでなく、薄型テレビといった家電製品にも組み込まれているOSです。そのもっとも特徴的なのは処理が異常に高速であることで、コンピュータの処理に待たされるということが無いこと、また、基本的に無料で使えるOSで何かの製品に組み込む時に、いちいちライセンス料として高いお金を支払う必要がありません。そして、何かしたいことがあればコマンドを打ち込むだけでいいといった単純明快さも評価が高い一因となっています。更に動作自体が非常に安定しているので、バグったりすることは基本的にありません。
iOS
iOS(アイオーエス)はアップル社が提供しているオペレーティングシステムで、iPhone、iPod touch、iPad、iPad mini、Apple TVといった主にモバイル用端末に搭載されているものです。 元はiPhone OS(アイフォーン オーエス)という名前だったのですが、iPadやapple tvとの関係性もあってか、バージョン4.0からは現在のiOS(アイオーエス)という名称が使われています。特に日本ではiPhoneのシェアが非常に高いので、もっとも親しみ深いOSだと言えるかもしれません。特徴的なのは直感的な操作とUIを売りにしていることと、マルチタッチデバイス用に最適化されていて、まるで指で触るように様々なインターフェースを動かすことが出来る点にあるかと思います。
Android
Android(アンドロイド)は、Google社によって提供されているスマートフォンやタブレットなどの携帯情報端末を主なターゲットとして開発されたプラットフォームです。カスタマイズ版Linuxカーネルと、ライブラリやフレームワークその他のミドルウェア、ART仮想マシンなどのパッケージで構成されています。現在はスマートフォン用のOSとしては、世界シェア1位にあるOSで、特にその最新版などはデザイン性なども一新され、今後はiOSを大きく引き伸ばして行くことまちがいなしのOSです。拡張性なども非常に高いので、自分の好きな使い方を出来るという自由度の面で優秀です。
Windows 10 moblie
マイクロソフト社から出る新しいモバイル向けのOSがこのWindows 10 moblieです。現在Windows10へのアップデートが違法な海賊版を含めて全て無償になるという事実が大々的なニュースとして報じられていますが、Windowsの新ブラウザEdgeやボイスアシスタントCortanaを始めとする様々な機能がこのモバイル用OSと連携して使えるとなると新しいスマートフォンとしての選択肢の一つとして十分過ぎるほど上がってくる気がします。
TizenOS
Intelやサムスン、モトローラ、NEC、ドコモ、パナソニック、ボーダフォンなどが開発を行っていたモバイルOSがこのTizenOSです。Linuxをベースとして新しいモバイル用OSとしていることと、HTML5ベースのWebアプリとネイティブアプリの両方の開発方式を採用するという書く審査も兼ね揃えているOSとなっています。
Firefox OS
Firefox OS(ファイアフォックス オーエス、プロジェクト名:Boot to Gecko、B2G)とは、Mozillaによって開発されたスマートフォンとタブレット向けのオープンソースオペレーティングシステムである。JavaScriptを使っている端末のハードウェアに直接統合できるHTML5アプリケーションが動作するように設計されている。Android互換スマートフォンとRaspberry Piで動作デモが行われている。OSはカーネル部分などはAndroidを母体(ベース)にしているものの、Androidのアプリケーションに関しては全く互換性がなく、一切動作しない。

SIMフリーにする?

あなたは持ち家派?賃貸派?いずれにしても、理想のお住まいはいかがでしょうか?赤穂 賃貸が、強力にバックアップいたします。