ケータイ電話が進んできた歴史とこれから!

ケータイ電話が進んできた歴史とこれから!

ガラケーは時代遅れの産物なのか?

ガラケーは時代遅れの産物なのか?

ガラケーは製造中止になった?

2017年にガラパゴス携帯、ガラケーの製造が中止されることが大きなニュースになっていて、これに関して大きな誤解をしている人が多いなと感じましたが、実際にはガラケーが製造中止されるというよりかは、Symbian OSやLinux OS等を搭載している今のガラケーをAndroidOSへと統一し、また通信方式も3Gを廃止し4Gへと統一するという流れなのだということらしいです。

特にガラケーを動かすためのチップセットや細かい部品等が独自規格の物が多くて、それがガラケーが売れなくなったことによって製造自体がストップしてしまい、売りたくても売れないという自体になっているとのことでした。

実際の所高性能だったらガラケー

今ではガラケーと時代遅れの産物のように言われていますが、高性能なカメラとメールとその電池の持ちの良さは、iPhoneで世界的なシェアを獲得したスティーブ・ジョブズですら関心していたほどで、またその原型自体も日本のものに最初は影響を受けていたのではないかと言われています。特に有名なのはAppストアに関してジョブズはiModeを参考にしていたのではないかとも言われているのです。

iPhoneの話題によって見失ったモノ

しかし、そんなiPhoneの躍進によってガラパゴス携帯、つまりフィーチャーフォンはまるで時代遅れのガラクタかのような評価を受け始めてしまいました。実際に性能では劣らないものの、できることの差異によって圧倒的に負けていたことと、性能ばかりを追求して、そのデザインや使いやすさといったユーザーが触れる部分へのなおざりの気持ちからか徐々にガラケーはシェアを落とし、ついには製造を中止し、スマートフォンと統一規格の物を造るという流れになってきてしまったのでした。

そこで登場したのがガラホ

中国等では今、昔日本で大きな流通を誇ったガラパゴス携帯風の二つ折り携帯電話の見た目と、スマートフォンの性能を兼ね揃えた、ガラホという物が非常に評価を集めていて、日本のメーカーでも今までのガラケーに変わるものとしてこのガラホを押し始めています。特にLINEなどは使いたいけれどスマフォは使いたくないという層にこれらがウケていて、微妙にシェアを伸ばしていっています。

ガラホの利点

月々の料金が安い
ガラホは月々の携帯料金がスマホに比べると若干安くなっています。 それも、月々1000円の値引き。かなり大きいですよね。2年もあれば24000円たまります。しかし、やはりガラケーと比べるとどうしても割高になってしまうので、正直ちょっと微妙です。
ガラケーの安心した操作
画面にタッチするようなものじゃなく従来のテンキーを使って操作ができるのでわずらわしさもなく安心してガラホを使えます。高齢者は特にこの点が大きいらしくやっぱりガラケーだなと喜ぶ人が多いそうです。
2台目として活用する
既にスマホやタブレットを使っている人は二代目として所有している人もいるそうです。電話専用にガラケーを使いたい、仕事とプライベートで分けて管理したい、そのような方には安くガラホを使えるので2台目として、ビジネス用としておすすめです。

スマホ派vsガラケー派

ガラホの欠点

GooglePlay非対応。
つまり、スマホのようにアプリをインストールしたりできないんです。ただし、LINE等の予め決められた専用のアプリ20種類は自由に使えます。しかしその20種類しか使えず、実際に使おうと思うとかなり専門的な知識が必要となり、その使えなくしている機能を解除する必要があるのですが、これがまた一般的な人にとっては物凄くハードルが高いように感じました。
電池消費の懸念
スマホと比べると電池消費の持ちがいいものの、やはり現在のガラケーなどと比べるとどうしても電池の消費が激しく感じてしまいます。特に、数日充電しなくても大丈夫という時計などとおなじ感覚で使っている層からしてみれば面倒くさく感じてしまうかもしれません。

新しいガラホとの注意点

スマホを使いこなしている人から見ると、Google Playが使えないAndroid携帯電話は価値が半減ですが、必須なアプリは予め入っていて後から余計なものを入れる必須がないため「操作が複雑で覚えるのが面倒」という問題は解決されます。スマートフォンではバックグラウンドで通信を実行しますが、「AQUOS K」ではアプリごとに制限をかけて、ユーザーが意図せず、バックグラウンドで通信しないようになっています。

この仕様は重要です。スマートフォンがまだ普及し始めた頃、パケット定額に加入せずに使っていて、「インターネット閲覧を行っていないのにパケット料金が発生している!」というクレームがよくありました。

スマホは自分で意図してインターネットを使用しなくても、オートマチックにアプリの更新や動作が行われています。

しかし、個人的な意見を言えば、そこまでしてスマホを利用するくらいであれば、今までどおりガラケーを利用してiPod touchをベット購入すればいいのではないかと思ってしまいます。

SIMフリーにする?